建築物環境衛生管理技術者試験に挑戦            by tomygg 本文へジャンプ
 HOME   試験概要   計算問題   図形・グラフ問題   出題傾向分析   参考図書   メール 
独学チャレンジノート
                         合格体験記募集 メール
合格体験記

「トミージージーから一言」
勉強を始めた頃は実務に関連のない科目も多く、なかなか効果も出ず、投げ出したくなることも
あるかもしれません。
始めから内容をすべて理解し、記憶するつもりで始めるのは無理があります。
過去問を繰り返し繰り返し学習するうちに徐々に理解を深めて行けば良いのです。
是非、「合格体験記」を参考に最後までがんばり、合格をつかみ取って頂きたいと思います。

T.S   2016年度合格
平成28年の合格者です。

今年は過去問のそのままの出題が数問混じっていたり、合格率も28.4%と比較的簡単な年度だったのではないかと思います。
試験終了後、合格出来たか半々位の自信だった為、実は合格発表迄は自己採点をしていませんでした。
実際、合格を知ってから自己採点で計 143点と信じられませんでした。
勉強は7月に入ってからこのサイトの合格サプリメントAをコピーし、一ヶ月半、1日3時間暗記しました。解り辛いところは青本で補いました。
残り一ヶ月半は赤本の過去問演習とこのサイトにも書いてある赤本の解説の読み込みに費やしました、一ヶ月半のうち 半月過去問演習、一ヶ月を解説の読み込みに費やしました。
このサイト他の方の平成25年の10%の合格者のK.Tさんと言う方の合格体験記を印刷して、壁に張り付け、最後まで気を抜かず気合いで乗り切り、この方と同じ、合格すればただ嬉しいしいの一言でした。
必要な教材は私は青本を用意しましたが、どちらかと言うと普通の参考書をお勧めします。青本は余りにも詳細すぎて迷いが生じると思われます。
足切りには注意して下さい。
計算問題や図表の問題はこのサイトで対応出来ます。
どうしても苦手な方は、計算問題は深入りせず、他の科目に費やす事をお勧めします。

デンデン   2016年度合格
平成28年度試験に合格しました。
このサイトのおかげで合格できたと思います。
以前は電気関係の仕事していました。ビル管理の仕事に就き3年が経ち、受験資格が得られたので受験しました。
勉強方法は赤本で6年分を3ケ月ほど勉強。最初は40点くらいでしたが3~4回ほどやって80から100点とれるようになりました。この時点では問題集の丸暗記に近いもので、本当に実力が付いたか疑問でした。そこでこのサイトの模擬試験に挑戦しましたが、50点代でした。
それから、。皆さんと同じように出題傾向分析をコピーし、暗記を中心に、過去問に挑戦し、何度も間違える所は赤本の解説で理解を深めました。
重要なのは、過去問の正誤の暗記ではなく、問われている内容の理解です。
後に続く方も是非このサイトで頑張ってください。
有難うございました。

ヒーロー33   2016年度合格
おかげさまで、平成28年度試験に初めての受験で合格できました。
勉強方法は、赤本とこちらのHPの出題傾向分析を中心に利用いたしました。
その後HPの過去問をランダムに行い、間違ったところを赤本で確認の繰り返しです。
合格サプリメントを利用し必要最小限の時間で効率よく学習できました。
後半には過去問で90%ほど正答できるようにしました。しかし、過去問で90%とれていても実際の試験では理解が未熟なところもあり、70%程度となりました。
少しの時間でも過去問の繰り返しと理解が大事だと感じました。
このようなHPを作っていただき本当にありがとうございました。

satoshi   2015年度合格
 来年受けられる受験生の皆さまへのポイントです。
・短い時期だけ勉強する。
これが一番大切です。よく半年や、1年間を続けようと考えておられる方が多いみたいですけど、きっと失敗します。飽きてしまうからです。飽きた勉強を続けるのはとても辛いです。大体3か月前(遅くとも2か月前)からがベストだと思います。
・赤本の出来を9割以上にする。
これはよく言われていることです。これに+して、各問には5問の問題がついていますが、すべて○か×で答えられるようになってください。これができないと、ちょっと問題ひねられるだけで正しい回答が分からなくなってしまいます。
・赤本の解説を読む
とても大切です。ビル管の問題は広く薄くですから、うろ覚えでもよいのでとにかく解説を読み込んでください。沢山読むと、まったく新しい問題に出くわしても正解を導きだせるようになります。
以上の3点です。合格することを心よりお祈り申し上げます。

マッキー   2015年度合格
 H26年12月ころからこちらのサイトを拝見し概要を学び2~3ケ月、特に出題傾向分析、基礎力判断問題は印刷し暗記問題はうろ覚えでも記憶、その後オウム社の攻略問題集に切り替えました。分からない単語、用語はネットなどで調べ8月頃までは過去問正解率90%以上にしました。問題だけの勉強では117問の正解答は難しいと感じ、問題集の解説も熟読しました。
残りの1ヶ月で他社の予想問題をし最後に暗記問題の確認でした。難易度の高い問題はありますが見捨てて、過去問の知識+解説の予備知識+暗記問題で勝負しました。自己採点ですがギリギリ117問の正解答でした。
無事合格まで導いたのもこのサイトおかげと思います。ありがとうございました。

itou   2015年度合格
 (1)勉強法
・参考書を全部覚えようとしたら膨大さに圧倒される。
・いきなり過去問をやるとちんぶんかんぷん。
・よって、準備期間を4、5か月(受験願書出してから開始)として次のように要領よく進める。
・最初の1ケ月:参考書や過去問を覚えようとせずに、まずは全体をぼーと眺める。
・真ん中の3ケ月:過去問を解く。この際、1問づつすぐ回答を見て正誤をきちんと覚える。回答を見ても分からなければ、参考書を辞書代わりに見て理解する。何年分も過去問をやると同じようなことを毎年聞かれていると気付く。
・最後の0.5ケ月:過去問を解く。この際、90問づつ解いて答え合せする(3時間集中回答訓練)
・通勤時も利用する(参考書や問題集は分厚いので、自分で分冊に壊して持ち歩く)
(2)当日
・ともかく『集中力』を切らさないこと。
・昼飯は食わない(私はバナナ1本としました)
・午後の試験は解く順番に気を付ける
(最後の『ねずみ、昆虫などの防除』は15問しかないので、6問以上正解が意外ときついので、『建築物の構造概要』の15問をやったら、次に『ねずみ、昆虫』をやること。最後になると集中力が途切れる)
・これは内緒ですが、過去問題を見ると『正解の番号は2つまでしか同じ番号が続かない』という事実を発見しました。自分の解答に同じ番号が3つ以上続くようならどれかが間違っている可能性大。
(3)参考書、問題集
・弘文社:よくわかるビル管理技術者試験:塩澤忠義:3000円(3分冊に改造)
・日本教育訓練センタ:ビル管理試験模範解答集平成27年版:2000円(2分冊に改造)
・学芸出版社:イラストで分かるビル管理用語集:中井多喜雄、石田芳子:3000円
・秀和システム:ビル管理技術者試験合格テキスト:田中毅弘:3500円

静岡のおじさん   2014年度合格
 平成26年に一発で合格しました。
自営を54歳で廃業し、二種電気工事士を取得後ビル管理管理会社に最後の仕事と考え就職しました。
そこで2年の実務経験を経て受験しました。
勉強方法は基本お金を掛けないです、インターネットは良く見ていました特に貴殿のページにお世話になりました。
全て紙に打ち出してマイテキストにしました。重要な点は何度もよみかえし頭に叩き込みました。
使ったテキストは赤本とマイテキストのみです。
過去問題を10年分何度も繰り返し90%以上出来るようにしました。
ポイントは初めは理解できなくてもどんどん先へ進むことだと思います、何度も繰り返すことが一番重要だと思います。
計算問題は100点を取るように文章問題とは別に分けて勉強しました少々解らなくても公式は丸暗記して下さい。
手を使って何度も解いてください、類似の問題が多く出ますので文章問題より楽です、それでも解けそうもない問題は即諦めます。
とにかく 過去問を繰り返すこと、諦めないことだと思います。貴殿のHPにはお世話になりましたありがとうございます。
  

e-oyaji さん    2014年度合格
本日無事合格しました。
長い長い7ヶ月でした。
こちらのサイトを見つけて大変助かりました。
H23年10月からポリテクセンター関東に入学してH24年3月に卒業し某大手ビル管理会社へ就職。
前職は、全く違う造園業界でしたのでビルの「ビの字」も判らずじまい。
卒業当時からどうせビル管理をするならこの資格を取りたいと思い今年受験の資格を得ました。やるからには、一発合格を目指して勉強に励みました。
こちらの独学ノートが本当に役に立ちました。
各科目を7年×5回 90%以上の正解率。
最後の方は、かなりマンネリ化してきたのでこちらの合格サプリA・Bを交えながら過去問に食らいつきました。
4月・5月は、精神的に一番辛い時期でしたね。
今年の問題は、過去の問題と比較して少し毛色が違うような気がしますが私だけでしょうか?
マー!合格したので良しとします。
今年で62歳まだまだ勉強の日々が続きます。 

シバ さん    2014年度合格 
定年後にビル管理の仕事に就き、受験資格2年を待って受験しました。
思えば、昨年の夏頃このサイトを偶然見つけました。何度もサイトを開き、コピーして学習を始めました。
弘文社の本も購入し内容を比べながらの学習でした。
正直、弘文社の本の内容は難解で理解に苦しむことが多くて、受験を諦めようとも思うときもありました。
このサイトはズバリ要点を突きシンプルでした。私にも自信を与えてくれました。
年が明け、赤本とやらを買い求め、5年分だけに絞り込み5回転やりました。
徐々にではありましたが、合計点がアップし合格ラインを余裕でクリアできるほどになりました。
当日、風邪をひき絶不調のコンデションでしたが、雨の中、受験者の一団に押し流されるように試験室に入りました。
午前3時間、午後3時間の試験時間はキツイものでした。
今振り返ると、このサイトで50%、赤本で15%、後はインターネットで調べて5%いただいたと思います。
私が合格通知を手にする事ができたのは、このサイトに偶然出会ったことが大きかったと思います。
後は試験の神様に援護してもらったと思いました。 

physys さん    2014年度合格 
今年の試験で一発合格しました。
勉強方法は、いわゆる赤本と呼ばれる過去問集と、分野毎にまとめられた過去問集、そしてこのサイトでした。
通勤で過去問集を持ち歩くのが嫌だったため、通勤時間は常にこちらのサイトで暗記をしていました。
また、平日は30分、休日は,3時間程度一問解いて解説、一問解いて解説、、、これを繰り返しました。7月くらいからチマチマとやってました。
勿論こちらのサイトだけでは受かるのは難しいかもしれません。主に赤本をこなしつつ、サブとして苦手な部分をこちらのサイトで可能な限り頭に叩き込むのが、合格への道筋を確かにするものだと思います。
本当に助かりました。私の勉強方法が、受験者様の参考になればと存じます。 

s-ヨッシー さん    2014年度合格 
お陰さまで無事に合格し、免状も本日届きました。
このサイトを利用させていただき、私も合格することが出来ました。
免状を受けとると直ぐに次の事に考えがうつってビル管の事はどんどん過去の記憶になってしまいます。それでは意味がないとわかっているんですがなかなか…
最後に私が勉強に使った資料のひとつに月刊「設備と管理」のバックナンバーに空調や給排水を詳しく解説した付録がありました。現場を知らない初心者にイラスト付で分かりやすく解説されておりとても役に立ちました。
困っているかたへのアドバイスの一助になれば幸いです。
本当にありがとうございました。 

いくろー さん    2013年度合格
 はじめまして、このサイトで勉強して、1000人の合格者に滑り込みました。
改めて思ったのが、年度によって難易度にバラつきがあると言うことです。
 トミーさんのサイトで基礎を勉強して、赤本を完璧にしたのですが、去年の合格者が多かったので不安になり、10年分の過去問集を一週間に買って勉強しました。
結果、今年は合格者数が去年の1/3以下の難易度で、建築で足きりしかけましたが129点で合格でした。
他の方が青本も必須と言ってましたが、このサイトで基礎を学び赤本を完璧で65%は、どんな難易度の年度でもとれます。
 前年が簡単で合格者が多い翌年は絶対難しくなるので、プラスαとして10年分をお勧めします。
後、建築の足きりには十分注意すること!私は、ケアレスミスで2問落としてあやうく足きりにあうところでした。
 最後に私は業界三年目で、アラフォーですが3ヶ月の独学で取れました。
皆さんも頑張ってください。

つまいち さん    2013年度合格
 4月から学習を始めました。1週間7時間、1日10分以上を目標として、180時間を目指しました。旅行に行っても、飲みに行っても最低10分はクリアして、1週間も7時間以上をキープしました。結果として200時間の学習となりました。
最初は赤本で過去問を繰り返しました。他の過去問集よりも、解説が丁寧だと思います。1,2回目は一問一問解きながら、解答を見て、残りの4つの選択肢も内容を確認して覚えました。解説不足の時はネットで内容を確認するようにしました。3~5回目は普通に問題を解きました。当然8割、9割は取れるようになりました。7月頃から弘文社の参考書を購入して、平行して過去問以外もカバーするようにしました。9月に当サイトを見つけ、総復習のつもりで9月は当サイトをメインに学習しました。
お陰様で無事合格できました。

K.T さん      2013年度合格
 かれこれ15年前に受験。
その時は、オーム社の4冊の参考書と過去問で毎日2時間程度勉強。
どの年度も70から80%できるため余裕で受験したところ、3つ足らずで不合格。
その後、不合格のショック、また来年まであの勉強をしなけれはならないという、不合格者しかわからない憂鬱さ、転勤、転職で忘れていた資格。
今の職場で、設備業務3年の60代の方が2回目で合格。'簡単だった'の一言でスイッチ オン。
今度は赤本一冊とこのサイトで、4月から2時間程度。
昔より難しくなってると思いつつも、2周目には70%程度まで理解。
前回の失敗を教訓に試験まで気を抜かず、このサイトのまとめを繰り返し頭に叩き込む。
合格した時はただ嬉しかったの一言。
今後受験される方へ
赤本とこのサイト、プラスαで自分でまとめる。
あとは気合い。
50代の私でもクリア出来ました。
がんばれ。

T・A  さん    2012年度合格
 設備の経験は2年たらずで、今回ビル管試験は初受験です。

受験にあたり、まず今年の1月に24年版の赤本を購入しました。問題を見ると設備の用語が分からないので、オーム社発行の『ビル設備 基礎百科 早わかり』を買い1ヶ月程勉強しました。

10月に試験があるので、4月から勉強を始めました。普通、テキストで勉強して過去問を解くを繰り返して、過去問を解くやり方で過去問を6.7回やれば90%の正答率は取れそうです。このやり方は回数を重ねると正解の場所を記憶してしまい、90%の正解率だとしても理解しての物か疑問が残るのでやめました。

そこで自分がやったのは、問題の不適当な物を選択では、答え以外の選択肢を正しく直し、適当な物をの選択では答えを正しく直し、科目ごとにエクセルに箇条書きで打ち込みました。この作業に1ヶ月半かかりました。
後は、プリントしてバインダーに閉じ、時間が有る時に読む作業を繰り返しました。

最初は時間がかかりましたが、月数を重ねるにつれ、消去する物が増え、10月までに過去6年分を5回出来ました。

私的には、沢山の正解答を覚えた事で知識が増えて合格点に届いたと思います。

東京 20124  さん    2012年度合格
 [準備期間]7月より通称赤本を使用して毎日1時間程度
[使用参考書・問題集]JETC模範解答集(通称赤本)
[勉強法]
1周目は1ヶ月半程度。過去問を1問解いたら答え合わせをし、赤本の解説を熟読。
2周目は1カ月程度。概論、衛生など分野ごと解いて答え合わせ。
3周目は2週間程度。午前、午後に分けて解いて答え合わせをし間違えた所のみ熟読。

試験日1週間前位にこのHPを見つけました。とても整理されていたので出題傾向分析のページをA4の紙に1/2縮小印刷し、携帯して丸暗記しました。
合格サプリメントは仕上げの確認として非常に有用で、おかげさまで合格することができました。大変有難うございました。

ター坊  さん    2012年度合格
1.勉強期間2ヶ月
2.教本はトミーさんのサイト資料全部と赤本のみ
  一部ネットの情報(配管関係)
3.勉強方法
  計算問題は確実に出来るようにした。
  過去問全部を終了した時点で、不得意科目を特定して、徹底的におさらい。
  本番までに過去問すべてを3回行う。

  特に自分に言い聞かせたことは、各科目の目標点を設定し、目標点を確実にクリアーするまで過去問を繰り返す。(ポイントは、赤本の解説を自分でまとめて教本にしました。)
  最初の段階で、各科目の目標得点を設定することで、余計なプレッシャーを排除することです。
  具体的には、合格基準の65%を少し上回る68%になるように設定した結果、最終的には75%まで正解率を上げることが出来ました。

スコッティ  さん    2012年度合格
 当初は赤本(6年分の過去問題集)だけでやろうと思いましたがさっぱりわからず、初めて取り掛かった平成23年度の問題は得点率3割程度という散々な結果でした。これでだいぶ気持ちが折れてしまい、しばらく勉強から離れていたのですが、ある夏の日に偶然こちらのサイトを発見しました。

それからふと思い立ち、赤本を裁断して年度単位の問題と解説に分かち、パソコン画面でサイトの過去問を解きながら手元の解説を読むという方法で勉強を進めることが出来ました。

このエンジンがかかってからの勉強時間と期間についてですが、8月の後半くらいから毎日3~4時間続けてきました。

問題を解いて点数をつけて間違ったところをチェックしつつ解説を見て終わりです。翌日は次の年度分をやり、最後までいったらまた最初の年度に戻ってを延々ループします。

この勉強法を繰り返すことによって、赤本は1年度分につき大体5~6回こなすことになります。当然同じ問題を5~6回解いたことになりますので、最後の方は正解率9割超えも出せるようになります。

ところが、何度も同じ問題をやっていると、解答番号の並びで次の正解が分かってしまったりすることがあります。これでは解答番号の暗記になってしまい、解答内容の暗記にはなりません。こんなときに役に立ったのが合格サプリメントです。
ほどよく重要問題がまとめられており、過去問演習ルーチンの中に合格サプリメントも混ぜてやることで、マンネリ化した勉強も少し気分を変えることができます。

今年度は合格率も非常に高く、簡単な年度だったと言われます。確かに私も試験を終えた時はこれは受かっただろうと思いましたが、それは何度も何度も赤本を繰り返し勉強した自信あってのものです。
合格率が低かろうが高かろうが、過去問を繰り返しこなすことは合格への最短距離だと思います。

是非このサイトを見ている受験者の方々は、なかなか点数がついてこなかったり、覚えられなかったりしても腐らずに何度も何度も繰り返して過去問を解き進めてください。

KYOKO  さん    2012年度合格
 4回目の挑戦で合格!
1ヶ月半前にこのサイトを偶然見つけ、最初に出題傾向を項目順に印刷し、基礎から始めて間違えた時には必ず出題傾向を読んで確認しておりました。
過去3回受けたときは参考書は持っておりましたがどれもわかりにくく今回は持ってません。
過去問を図書館で借り、返却期間2週間で1~2回通しただけでした。あとはこちらのサイトの過去問や計算問題等を繰り返し、繰り返ししておりました。
このサイトがなかったら今年もきっと不合格だったと思います。ありがとうございました。

p-toamas  さん    2012年度合格
 願書提出3回目、受験1回目で合格できました。
本格的に始めたのは昨年2回目の願書提出と同時に赤本を購入してからでした。
しかし若いときとは違い集中力が続かず、到底合格はムリと判断、旅費,宿泊費等の節約のため2回目も受験しませんでした。
3回目の今回は年明けから勉強開始。
赤本と弘文社の参考書1冊で9月初めまで毎日1時間のペースで勉強しましたが、過去問が何とか65%程度の正解とかなり危うい状況でした。
そこで見つけたのがこのサイト。
重要項目がコンパクトのまとめられており、大助かりでした。
結果、80%以上正解で合格できたのですが、すべてはトミージージーさんと24年度の試験出題者のおかげと感謝しております。
会社の同僚にも当サイトを宣伝させていただいております。
最後にお体に気をつけて今後も迷える受験者の羅針盤になってくださるようお願いいたします。

シーサー  さん    2012年度合格
勉強期間:5ヵ月(平日:2時間、休日:7時間)
参考書:赤本、サイト資料
三回目で何とか合格できました。また、ここのサイトのまとめ資料が大変役に立ちました。
試験当日にまとめ資料を読んでいなかったら、恐らく合格してなかったと思います。
トミー様、ありがとうございました。
さて、勉強方法は他の方々が書いてあるとおり、過去問中心で行うことが基本となると思います。
ここまでならだれでもできますが、最も重要なのは、モチベーションだと思います。
いくら優れた勉強方法を用いても、毎日欠かさずやらなければ合格できません。
私の場合は、資格手当てUPや昇進などを目標としてモチベーションを保ってました。
問題数も多く、長い期間勉強しなければならないので心が折れそうになりますが、モチベーションは折れそうな心を繋ぎ止める役割を果たします。
確立した勉強方法、モチベーション維持が合格への鍵となるのではないでしょうか。


 


              copyright (c) 2012 tomygg all rights reserved.