建築物環境衛生管理技術者試験に挑戦            by tomygg 本文へジャンプ
 HOME   計算問題   図形・グラフ問題   出題傾向分析   基礎力判定問題   参考図書   メール 
独学チャレンジノート


C1 実践問題 (過去問編)
ねずみ・昆虫等の防除  (出題数15問)
問題166 蚊に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

(1) コガタアカイエカの幼虫は、主にあき缶などの容器にたまった水に発生する。
(2) アカイエカとチカイエカの雌成虫は、外部形態では区別することはできない。
(3) アカイエカの幼虫は、有機物の多い下水溝などで発生する。
(4) ヒトスジシマカは、公園、住宅の庭、墓地等て昼間に人をよく吸血する。
(5) チカイエカは、狭い空間で交尾が可能である。
問題167 ゴキブリの防除に関する次の記述のうち,最も不適当なものはどれか。

(1) ULV処理は,残留処理に適した方法の一つである。
(2) 粘着トラップを5か所に3日間配置して捕獲されたゴキブリの総数が150匹の場合,ゴキブリ指数は10である。
(3) ピレスロイド剤に抵抗性を示すチヤバネゴキブリの存在が知られている。
(4) 食物の管理や環境の整備が重要となる。
(5) ピレスロイド剤は,追出し効果を示す。
問題168 ゴキブリに関する次の記述のうち,最も不適当なものはどれか.

(1) チャバネゴキブリの雌は,卵鞘を唾液などでくぼみやすき間に固着させる.
(2) 屋内で見られるゴキブリ類は,フェロモンの働きにより集合性を示す.
(3) クロゴキブリは,卵から成虫まで発育するのに1年以上を要する.
(4) トビイロゴキブリの日本における分布は,局地的である.
(5) 成虫と幼虫は,同じ餌を摂取する.
問題169 ゴキブリの防除に関する次の記述のうち,最も適当なものはどれか.
(1) 有機リン剤は,ゴキブリ類に対してフラッシング効果を示す.
(2) 毒餌処理は,速効性が期待できる.
(3) ULV処理には,専用の油剤を使用する.
(4) ローチスポットは,薬剤処理を行う場所の目安となる.
(5) 7か所に3日間設置した粘着トラップに捕獲されたゴキブリの総数が210匹であった場合のゴキブリ指数は30である.
問題170 ダニに関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
(1) 管理不十分な保存食品は、コナダニ類の発生源となる。
(2) ツメダニ類は、他のダニ類や小昆虫を捕食する。
(3) ヒゼンダニは、ヒトに外部寄生する。
(4) 飼い犬が宿主となって、庭先でマダニ類が発生することがある。
(5) イエダニは、ネズミ類に寄生して増える吸血性のダニである。
問題171 ハエ類に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。
(1) ノミバエ類の主要な発生源は、腐敗した植物質である。
(2) クロバエ類は、夏季によく見られる小型のハエである。
(3) イエバエの主要な発生源は、畜舎やごみ処理場である。
(4) キンバエ類は、幼虫を産む卵胎生のハエである。
(5) ニクバエ類は、こばえ類に含まれるハエ類である。
問題172 建築物内で発生する害虫に関する次の記述のうち,最も不適当なものはどれか.
(1) チョウバエ類の主な発生源は,ちゅう房の生ごみである.
(2) ゴキブリが夜間の特定の時間帯に活動するのは,体内時計の働きによる.
(3) ヒラタキクイムシは,家具の害虫として知られている.
(4) 近年,トコジラミによる吸血被害がホテル,旅館等の宿泊施設から報告されている.
(5) シバンムシアリガタバチの幼虫は,シバンムシの外部寄生虫で,成虫は人を刺すことがある.
問題173 害虫に関する次の記述のうち,最も不適当なものはどれか.
(1) ネコノミは,イヌにも寄生する.
(2) ノシメマダラメイガは,観葉植物から発生する.
(3) ユスリカ類は,屋内のプールで発生することがある.
(4) チャタテムシ類は,高温・多湿時に大発生することがある.
(5) イエヒメアリは,室内に巣をつくり,昼夜を問わず活動する.
問題174 ネズミの生態に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

(1) 都市の大型建築物では、運動能力に優れたクマネズミが優占種となる傾向がある。
(2) クマネズミは警戒心が強く、毒餌やトラップによる防除が困難である。
(3) ネズミ類は、高圧変電器を避ける習性がある。
(4) ネズミ類からは、食中毒の原因となる種々の病原体が検出される。
(5) ドブネズミは、雑食性である。
問題175 感染症と衛生動物との組合せとして、最も不適当なものは次のうちどれか。
(1) レプトスピラ症 ----- ネズミ類
(2) マラリア ---------- ハマダラカ類
(3) 日本脳炎 --------- コガタアカイエカ
(4) デング熱 --------- ネッタイシマカ
(5) ペスト ----------- コロモジラミ
問題176 殺虫・殺鼠剤の毒性や安全性に関する次の記述のうち,最も不適当なものはどれか。

(1) 殺鼠剤は,製剤中の有効成分の濃度が低いこと,ヒトとネズミでは体重差が大きいことなどにより,誤食による人体の影響は少ない。
(2) 薬剤の安全性は,毒性の内容や強弱,摂取量,摂取期間によって決まる。
(3) 薬事法に基づき殺虫・殺鼠剤の承認を受けるためには,安全性を示すための試験が必要である。
(4) 殺虫製剤は,毒薬に該当するような毒性値を示すことはない。
(5) ある薬剤の毒性がヒト又は動物と害虫の間であまり変わらないことを,選択毒性が高いと表現する。
問題177 防虫防鼠構造や防除に関わる機器に関する次の記述のうち、最.も不適当なものはどれか。
(1) 防虫・防鼠構造は、建築物自体をねずみなどの侵入や活動を防ぐ作りにすることである。
(2) ULV機は、低濃度の薬剤を多量に散布する薬剤散布機である。
(3) 白色蛍光灯は、高圧ナトリウム灯に比べて昆虫類を誘引しやすい。
(4) 換気口に取り付ける防鼠用の金属網や格子の目の間幅は、1cm以下とする。
(5) 実体顕微鏡の保有は、建築物における衛生的環境の確保に関する法律に規定された建築物ねずみ昆虫等防除業の登録基準の一つである。
問題178 防虫・防鼠構造並びに機器に関する次の記述のうち,最も不適当なものはどれか.
(1) ULV機は,低濃度の薬剤を100μm前後の粒子にして,均一に噴射する機器である.
(2) 建築物における衛生的環境の確保に関する法律に基づく特定建築物の防虫・防鼠構造は,建築基準法の規定に基づき,保健所長による審査が行われる場合がある.
(3) 昆虫の屋内侵入防止には,窓などに20メッシュ以下の網戸を設置すると良い.
(4) 煙霧機は,殺虫剤の油剤を気化させて,室内空間に飛んでいる害虫の駆除を目的として使用する.
(5) 防虫・防鼠構造は,建築物の新築時に設計段階で取り入れるべきものである。
問題179 建築物における衛生的環境の維持管理について(平成20年1月25日健発第0125001号)に示された建築物環境衛生維持管理要領による総合的有害生物管理(IPM)に関する次の文章の[     ]内に入る語句の組合せとして、正しいものはどれか。

ねずみ等の[  ア  ]を行うに当たっては、建築物において考えられる[  イ  ]技術を組み合わせて利用しながら、[  ウ  ]に対するリスクと環境への負荷を最小限にとどめるような方法で、有害生物を制御し、その水準を維持する有害生物の管理対策である総合的有害生物管理の考え方を取り入れた[  ア  ]体系に基づき実施すること。
         
   
   
   
   
   
   
   
   
      ア          イ             ウ
(1) 駆除 ----- 定められた ------- 人の生命
(2) 駆除 ----- 有効・適切な ----- 人の健康
(3) 駆除 ----- 有効・適切な ----- 人の生命
(4) 防除 ----- 定められた ------- 人の衛生
(5) 防除 ----- 有効・適切な ----- 人の健康
問題180 IPM(総合的有害生物管理)に基づく防除を実施する場合の留意点に関する次の記述のうち,最も不適当なものはどれか.
(1) 人や環境に対する影響を可能な限り少なくするように配慮する.
(2) 有効かつ適切な防除法を組み合わせて実施する.
(3) まずは,発生時対策を行う.
(4) 食毒剤の使用に当たっては,誤食防止を図るとともに,防除作業終了後,直ちに回収する.
(5) 薬剤散布後,一定期間入室を禁じて,換気を行うなど利用者の安全を確保する.
C1 実践問題 (過去問編)
「解答一覧」(午後科目) HOME
衛生行政 環境衛生 空気環境
構造概論 給水・排水 清掃


              copyright (c) 2012 tomygg all rights reserved.