建築物環境衛生管理技術者試験に挑戦            by tomygg 本文へジャンプ
 HOME   計算問題   図形・グラフ問題   出題傾向分析   基礎力判定問題   参考図書   メール 
独学チャレンジノート


C1 実践問題 (過去問編)
清掃  (出題数25問)
問題141 空気調和設備等の維持管理及び清掃等に係る技術上の基準(平成15年厚生労働省告示第119号)に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

(1) 床面の清掃について,日常における除じん作業のほか,床維持剤の塗布の状況を点検し,必要に応じ再塗布等を行うこと。
(2) 日常的に清掃を行わない箇所の清掃について,6カ月以内ごとに1回,定期に汚れの状況を点検し,必要に応じ除じん,洗浄等を行うこと。
(3) カーペットの清掃は,必要に応じて,スプレークリーニングを行うこと。
(4) 建築物内で発生する廃棄物の分別,収集,運搬及び貯留について,衛生的かつ効率的な方法により速やかに処理すること。
(5) 廃棄物の収集・運搬設備,貯留設備その他の処理設備について,定期に点検し,必要に応じ補修,消毒等を行うこと。
問題142 建築物清掃の作業計画に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。 
(1) エレベータカゴ内部の除じんは、一般に定期清掃として実施する。 
(2) 廊下壁面のスイッチ回りの洗剤拭きは、一般に日常清掃として実施する。
(3) 作業頻度による分類では、日常清掃、定期清掃及び臨時清掃に分けられる。
(4) 管理用区域は、一般の人が立ち入らないため、清掃は年2回程度実施する。 
(5) エスカレータパネル類の洗剤拭きは、一般に日常清掃で実施する。 
問題143 建築物清掃における安全衛生に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
(1) ゴンドラを操作する場合は、事前に安全のための特別な教育が必要である。
(2) 清掃作業に関わる事故の大多数は、激突や感電事故である。
(3) 清掃作業に関わる転倒事故防止は、清掃従事者と第三者の安全確保のために行う。
(4) ローリングタワー(移動式足場)を用いる場合、作業者はヘルメットを着用する。
(5) 真空掃除機の集じん袋などを手入れする場合には、粉じんを吸入しないよう防じんマスクなどを着用して行う。
問題144 清掃作業の評価に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
(1) 評価頻度は、清掃責任者が自主的に行う場合は定期的に月1回業務の締めくくりとして実施する。
(2) 評価範囲は、汚染度合いの高い箇所などに重点を絞る。
(3) 管理者が評価を行う場合は、四半期ごとに1回実施するよう計画する。
(4) 作業の評価は、長期的維持保全の観点から日常的チェックだけでは不十分である。
(5) 目視点検は、科学性に乏しいので、点検・評価の方法としては不適切である。
問題145 ほこりの予防とその清掃に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
(1) ある程度の長さ(6~8歩分)の防じん用マット類を出入口に敷く方法は、簡易な割に効果が高い。
(2) 建築物内におけるほこりは、外部から侵入した土ぼこりの割合が多い。
(3) 土ぼこりの除じん作業は、適切な作業回数の設定が重要である。
(4) ほこりの予防には、大別するとほこりの侵入防止及び発生防止の二つの対策がある。
(5) 現代の建築物では、窓や隙間が、ほこりの侵入路として重要視されている。
問題146 建材の予防清掃に関する次の記述のうち,最も不適当なものはどれか。

(1) 疎水性の建材には,水溶性物質が付着しやすい。
(2) 汚れは,平滑緻密な表面には付着しにくい。
(3) 耐水性のある建材は,清掃しやすいものが多い。
(4) 汚れが内部にしみ込みやすい建材は,汚れの除去に手間がかかる。
(5) シール剤や床維持剤の塗布により,汚れの予防効果が得られる。
問題147 ほこりの除去方法に関する次の記述のうち、最も適当なものはどれか。
(1) ダストクロス法は、繊維の隙間を利用して土砂を回収する。
(2) はたき掛けは、閉鎖空間に適している。
(3) ダストコントロール法は、ほこり以外のものも除去できる。
(4) おがくずを用いる方法は、ほこりを付着させる効果は小さい。
(5) バキュームクリーニングは、カーペットの折り目に入り込んだほこり・土砂の除去ができない。
問題148 床磨き機に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
(1) 1ブラシ式の高速床磨き機用のブラシの直径は、20~50cmのものが多く使われている。
(2) カーペット洗浄に使用するタンク式スクラバーマシンは、低速回転の機械である。
(3) 高速床磨き機用のブラシには、一般にシダの茎又はナイロンが植え付けられたものが用いられている。
(4) 凹凸のある床面で、高遠床磨き機を使用する場合には、研磨粒子を付着させたパッドを使用す。
(5) 1ブラシ式の高速床磨き機用のブラシの回転数は、一般に毎分150~300回転である。
問題149 カーペットクリーニング用洗浄機に関する次の記途のうち、最も不適当なものはどれか。
(1) 自動床洗浄機には、カーペット床の洗浄用のものがある。
(2) ローラブラシ方式の機械では、洗剤が機械内部で完全な泡となって供給される。
(3) スチーム洗浄機は、高温の水蒸気で汚れを分解するため、エクストラクタより残留する水分が多い。
(4) 洗剤供給式床磨き機は、化学繊維のタフテッドカーペットの洗浄に適している。
(5) エクストラクタは、カーペットのシャンプークリーニング後のすすぎ洗いにも使用される。
問題150 洗剤に関する次の記述のうち,最も適当なものはどれか.
(1) 洗剤の助剤は,界面活性剤の表面張力を高めて洗浄力を向上させる.
(2) 表面洗剤は,洗浄力に富み,泡立ち性も優れている.
(3) 洗剤の主剤である界面活性剤には,陰イオン系,陽イオン系,非イオン系,両性系がある,
(4) 合成洗剤は,硬水中ではその洗浄効果が著しく低下する.
(5) 洗剤の助剤には,主としてリン酸塩が用いられている.
問題151 床維持剤の種類に関する次の記述のうち,最も適当なものはどれか。

(1) フロアオイルは,主に表面加工された木質床材の保護のために用いられる。
(2) フロアフィニッシュは,床用塗料も含む,床材の保護のための製品の総称である。
(3) フロアシーラは,フロアポリッシュとフロアオイルに大別される。
(4) ポリマタイプで一般に市販されている製品は・水性ポリマタイプである。
(5) フロアシーラは,乾燥後の皮膜が物理的・化学的方法により,容易に除去されるものをいう。
問題152 清掃に関する次の記述のうち,最も不適当なものはどれか.
(1) 力一ペットパイル上部の汚れの除去には,拭き取り方式が用いられる.
(2) トイレの便器に付着している尿石を除去するときは,酸性洗剤を使用する。
(3) カーペット洗剤は、繊維に悪影響を与えない中性が適している.
(4) リノリウムは,アルカリ性洗剤に弱い。
(5) テラゾに付着している鉄分を含んだ水あかを除去するときは,酸性洗剤を使用する.
問題153 弾性床材に関する次の記述のうち、最も最適なものはどれか。
(1) ゴムタイルは、摩耗しやすい。
(2) 塩化ビニルタイルは、アルカリ性洗剤に弱い。
(3) ゴムタイルは、耐溶剤性及び耐アルカリ性に優れている。
(4) 塩化ビニルタイルピュア系は、床維持剤の密着性に優れる。
(5) リノリウムは、アルカリ性洗剤に弱い。
問題154 造作・家具等の清掃に関する次の記述のうち,最も不適当なものはどれか。

(1) 空気調和機の吹出口の汚れは,真空掃除機による除じんと拭き取りを併用するとよい。
(2) 机の上のほこりなどは,タオルによる湿り拭きが一般的である。
(3) 間仕切りの角などの人の接触による汚れは,タオルによるから拭きで取る。
(4) 照明器具の清掃は,一般に年1~2回程度定期に行う。
(5) 飲食物による汚れは,水又は洗剤液で絞ったタオルで拭き取る。
問題155 床以外の清掃に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
(1) 階段の壁面は、他の共用区域の壁面と比較してほこりの付着量が少ない。
(2) アネモスタット型吹出口の清掃は、真空掃除機よる吸じん拭き取りを併用すると良い。
(3) 机の上のほこりの除去は、水を多く含ませたタオルで拭き取る。
(4) 間仕切りの角などの手指による汚れは、タオルによるから拭きで取る。
(5) 便器と洗面器の材質が同一であれば、同じ清掃用具を共用できる。
問題156 廃棄物の処理及び清掃に関する法律に規定する廃棄物に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
(1) 産業廃棄物には、事業活動に伴って生じた廃棄物及び国内の日常生活に伴って生じた廃棄物が含まれる。
(2) 一般廃棄物は、産業廃棄物以外の廃棄物である。
(3) 廃棄物には、放射性物質及びこれによって汚染された物は含まれない。
(4) 廃棄物には、ごみ、粗大ごみ、燃え殻、汚泥、ふん尿、廃油、廃酸、廃アルカリ、動物の死体が含まれる。
(5) 特別管理産業廃棄物は、爆発性、毒性、感染性その他の人の健康又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがある性状を有するものをいう。
問題157 建築物における衛生的環境の維持管理について(平成20年1月25日健発第0125061号)に示された建築物環境衡生維持管理要領に基づく建築物内廃棄物の処理に関する次の文章の[     ]内に入る語句として、正しいものはどれか。

建築物内で発生する廃棄物の分別、収集、運搬及び貯留について、安全で[   ]かつ効率的な方法により速やかに処理すること。
     
   
   
   
   
   
(1) 合理的
(2) 効果的
(3) 計画的
(4) 衡生的
(5) 経済的
問題158 近年の廃棄物の排出及び処理状況等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
(1) 生活系のごみの排出量は、事業系ごみより多い。
(2) 一般廃棄物の排出量は、産業廃棄物より少ない。
(3) ごみ焼却に伴って、発電、温水プールへの温水・熱供給等の余熱利用が行われる。
(4) ごみ収集手数料の有料化を実施している自治体は少ない。
(5) 産業廃棄物の種類別の排出量をみると、汚泥が最も多い。
問題159 廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づく廃棄物の定義に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
(1) 店舗から排出された発泡スチロールは、産業廃棄物である。
(2) 飲食店のグリース阻集器で阻集された油分は、一般廃棄物である。
(3) 事務所建築物で廃棄されたスチール製机は、産業廃棄物である。
(4) 百貨店から排出された段ボールは、一般廃棄物である。
(5) 建設業から排出された紙くずは、産業廃棄物である。
問題160 事業活動に伴って生じる次の建築物内廃棄物のうち,産業廃棄物に該当するものはどれか.
(1) 割りばし
(2) 紙くず
(3) 生ごみ
(4) 発泡スチロール
(5) 繊維くず
問題161 産業廃棄物の産業廃棄物管理票(マニフェスト)による管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
(1) 依頼から180日を経過してもE票が返却されない場合は、排出業者は処分状況の確認を行う。
(2) 排出事業者は、マニフェストを3年間保存する。
(3) 運搬作業が終了すると、収集運搬業者よりマニフェストB2票が排出事業者に返却される。
(4) 処分作業が終了すると、処分業者よりマニフェストD票が排出業者に返却される。
(5) 排出事業者は、マニフェストA票を控えとして保存する。
問題162 容積質量値100kg/m3の廃棄物が、5日間で6t排出されている場合、1日当たりの排出量(容積)として、正しいものは次のうちどれか。
(1) 0.3m3/日
(2) 1.2m3/日
(3) 6.0m3/日
(4) 12.0m3/日
(5) 60.0m3/日
問題163 建築物内廃棄物の貯留・搬出方式に関する次の記述のうち,最も不適当なものはどれか.
(1) コンパクタ・コンテナ方式は,容器方式より防災性に優れている。
(2) 真空輸送方式は,容器方式より衛生性に優れている.
(3) 貯留・排出機方式は,コンパクタ・コンテナ方式より大規模建築物に適用される.
(4) 貯留・排出機方式は,真空輸送方式より初期コストがかからない。
(5) コンパクタ・コンテナ方式は,容器方式より作業性に優れている.
問題164 空気調和設備等の維持管理及び清掃等に係る技術上の基準(平成15年厚生労働省告示第119号)に基づく建築物内廃棄物処理に関する次の文章の[    ]内に入る語句の組合せとして、正しいものはでれか。

建築物内で発生する廃棄物の[  ア  ]、収集、運搬及び貯留について[  イ  ]かつ効率的な方法により速やかに処理すること。

ア       イ
(1) 排出 ----- 計画的
(2) 排出 ----- 衛生的
(3) 滅容 ----- 計画的
(4) 分別 ----- 計画的
(5) 分別 ----- 衛生的
問題165 建築物内廃棄物の最終集積所に関する次の記述のうち,最も不適当なものはどれか.
(1) 出入口には自動ドアを設ける.
(2) 種類ごとに分別して収集・保管できる構造とする.
(3) 第1種換気設備を設ける.
(4) 通賂に段差を設ける.
(5) 密閉区画構造とする.
C1 実践問題 (過去問編)
「解答一覧」(午後科目) HOME
衛生行政 環境衛生 空気環境
構造概論 給水・排水 ねずみ・昆虫


              copyright (c) 2012 tomygg all rights reserved.