建築物環境衛生管理技術者試験に挑戦            by tomyGG 本文へジャンプ
 HOME   試験概要   計算問題   図形・グラフ問題   出題傾向分析   参考図書   メール 
独学チャレンジノート

「計算問題」
「動圧・静圧」
問題 23-53
常温空気が速度5.0m/sで流れているダクト中で、周辺大気圧を基準とした全圧が40Paであったとすると、同じ点の静圧として最も適当なものは次のうちどれか。

(1)   10Pa
(2)   15Pa
(3)   25Pa
(4)   30Pa
(5)   55Pa
解 答 3
動圧 Pd = V2×0.6 〔Pa〕
標準空気は、温度20℃、絶対圧力101.34kPa、関係湿度65%で単位体積重量(気体の密度)は1.2kg/m3として取扱います。

動圧 Pd = V
2×1/2×γ〔Pa〕
V=風速 m/s
γ=気体の密度 kg/m
3
動圧 Pd = ( 5 )2×0.6 〔Pa〕
           
= 15
全圧 = 動圧 + 静圧
40 = 15 + 静圧
∴ 静圧 = 25 ---- 答(3)
*動圧の単位が [mmH2O] の場合
動圧 Pb = ( V / 4.04 )2
    Pb :ダクト内の動圧 [mmH2O]   V :ダクト内風速 [m/s]




              copyright (c) 2012 tomyGG all rights reserved.